少女の勇気ある一歩が周りも変えた

広島の女子高校生のA子ちゃんは生まれた後の
小児まひが原因で足が悪くて、平らな所でも
ドタンバタンと大きな音をたてて歩きます。

この高校では毎年7月になると、
クラス対抗の水泳大会が開かれます。

1クラスから男女二人ずつ四人の選手をだして、
1人25メートル、全部で百メートルを泳いで競争します。
この高校は生徒の自主性を非常に尊重し、
生徒だけで自由にやるという水泳大会で、
その年も、各クラスで選手を決めることになりました。

A子ちゃんのクラスでは男二人、女一人は決まったのですが、
残る女一人が決まらなかった。
早く帰りたくてしょうがないクラスのいじめっ子が
「A子はこの三年間体育祭にも出てないし、
水泳大会にも出ていない。

何もクラスのことをしていないじゃないか。最後なんだから、
A子に泳いでもらったらいいじゃないか」と
意地の悪いことを言いました。

A子ちゃんは誰かが味方してくれるだろうと思いましたが、
女の子が言えば自分が泳がなければならないし、
男子が言えばグループからいじめられることになり、
誰も味方してくれませんでした。
結局そのままA子ちゃんが選手に決まりました。

家に帰りA子ちゃんは、お母さんに泣いて相談しました。

いつもは優しいお母さんですが
この日ばかりは違いました。
「お前が就職して上司からできない仕事を言われたら、
お母さんが『うちの子にこんな仕事をさせないで下さい』と
言いに行かなければいけないの?

たまには『いいわ、私、泳いでやる。言っとくけど、
うちのクラスは全校でビリよ』と、三年間で一回くらい
言い返してきたらどうなの。」とものすごく怒ります。
A子ちゃんは泣きながら25メートルを歩く決心をし、
その事をお母さんに告げようとしてびっくりしました。
仏間でお母さんが髪を振り乱し、
「A子を強い子にしてください」と
必死に仏壇に向かって祈っていたのです。

水泳大会の日、水中を歩くA子ちゃんを見て周りから、
わあわあと奇声や笑い声が聞こえてきます。

彼女がやっとプールの中ほどまで進んだ時でした。

一人の男の人が背広を着たままプールに飛び込み、
A子ちゃんの横を一緒に歩き始めた。
この高校の校長先生です。

「何分かかってもいい。先生が一緒に歩くから、
ゴールまで歩きなさい。恥ずかしいことなんかない。
自分の足で歩きなさい」と励まされた。
一瞬にして、奇声や笑い声は消え、
みんなが声をだして彼女を応援しはじめた。

長い時間をかけて彼女が25メートルを歩き終わった時、
友達も先生もそして、あのいじめっ子グループも
みんな泣いていました。
出典:読売新聞 『窓』

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク