天国言葉と地獄言葉 どちらが多いですか?

舛岡はなえさんの著書「斎藤一人15分間ハッピーラッキー」で
天国言葉と地獄言葉というものを知りました。

言葉は言霊というようにパワーを持ってます。

『はじめに言葉ありき』というように
思ってなくても良い言葉を意識して使うのが良いようです。

その良い言葉とは、本の中で「天国言葉」とあります。

これは斎藤一人氏の言葉の引用のようですがご紹介します。

【天国言葉】
・ついてる
・うれしい、楽しい
・感謝してます
・しあわせ
・ありがとう
・ゆるします

こういう言葉をたくさん言ってると、
また言いたくなるような、
しあわせなことがたくさん起きます!

【地獄言葉】
・ついてない
・不平不満
・グチ、泣きごと
・悪口、文句
・心配ごと
・ゆるせない

こういう言葉を言ってると、
もう一度こういう言葉を言ってしまうような、
イヤなことが起きます。

もし、地獄言葉を言ってしまったら、
「ついてる」と10回言いましょう。

あなたは、どちらの言葉が多いですか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク